月刊やいま2020年12月号販売中!


低解像度_202012H1

特集 薪が生み出す炎の焼き物
石垣島の登り窯

土を練り固めて、窯の中で焼いてつくる焼き物。薪を焚いて燃料とするのは登り窯と穴窯だが、大変なことも多く、今では希少なものとなった。 石垣島には八重山唯一の登り窯があり、今年6月に火が入った。窯主の渡邊 裕さん(川平焼 凜火)と、応援に駆けつけた皆さんとの連携で行われた火入れの様子を紹介する。

ミニ特集
クリスマス特集2020

最終回
月刊やなわらばー

連載第5回
匿名座談会 みーどぅんトーク

>>>詳細と購入はこちら


やいま2020年12月号発売!

連載
■■やいまNEWS&TOPICS ■南のひと(水野 暁子) ■今月のきいやま商店 ■石垣島キリン食堂 ■幸せ物語 ■月刊やなわらばー ■YABIっち!のダブルダッチ日記 ■まーやのいきもの観察日記 ■ここのこれがんまさーっ! ■「息子との旅」(小浜清志) ■パナリ後の思い出「小学五・六年の思い出」(仲原靖夫) ■熊谷溢夫の世界 ■石垣佳彦写真館「ボクの夕焼け」■資料こぼればなし「戦争との共通点を語り継ぐ」(八重山資料研究会 山根頼子) ■未来巡礼「ピョーマリ・ゴッケーまたは ピョーマリッ・クナー」(八重洋一郎) ■むかし八重山「玻座間集落の東屋敷に設置された竹富中学校」(通事孝作) ■壷中天地「エンヤ イイトゥシィ アラショーリ」(大田静男) ■たんかーアルバム ■八重山のことわざノート ■文庫連のオススメするこの一冊を  

八重山暮らしガイド
■お店情報 ■不動産情報 ■八重山求人情報 ■募集・譲ります・譲ってください 

※YABIっち!のダブルダッチ日記と、リップサービス金城晋也の島人芸人日記、八重山ヒト大学は隔月連載です。 ※うたこの日記、釣ったど! はお休みです。