『月刊やいま』バックナンバー2015

201512
2015年12月号 NO.263 2015年12月号 NO.263
[特集] 西表島 豊かな自然の恵み
島の約90%が手つかずのジャングルにおおわれている西表島。
人が生活しているのはほんのわずかな場所。
季節の恵みをいただき、大自然と寄り添って暮らす。

>>>購入はこちら

        

201511
2015年11月号 NO.262 2015年11月号 NO.262
[特集] シリーズ特集「戦争体験」を継ぐ 第3回 尖閣遭難事件と尖閣問題
特集は、シリーズ特集「戦争体験」を継ぐ第3回 尖閣遭難事件と尖閣問題、証言ドキュメント「尖閣戦時遭難事件の50日」。
太平洋戦争末期の1945年6月30日、最後の台湾疎開船2隻が石垣港を出港。疎開者は幼老婦女子約180人。3日後午後米軍機による空襲を受け、第五千早丸は炎上・沈没、第一千早丸は機関故障で漂流し、約50人の命が失われ、多くの人が負傷しました。乗船者の証言をまとめています。

>>>購入はこちら

        

201510
2015年10月号 NO.261 2015年10月号 NO.261
[特集] 島と自転車
環境や健康を考えて、今や世界中でブームになっている自転車。
八重山でも街で自転車乗りをみかけることが多くなってきた。
そんな乗り手の自転車に対するこだわりや、
今、島で自転車に乗って感じていることを直撃取材。
島の自転車乗り総勢100組登場! 島の未来は自転車にあり!?

>>>購入はこちら

        

20159
2015年9月号 NO.260 2015年9月号 NO.260
[特集] 石垣島の養蜂
石垣島で専業で養蜂をされているご夫婦を取材させていただきました。 天然のおいしさにこだわったその味わいは、とてもピュアで爽やかで、島の自然そのものでした。

>>>購入はこちら

        

20158

2015年8月号 NO.259 2015年8月号 NO.259
[特集] シリーズ特集「戦争体験」を継ぐ 第2回 高校生平和ガイド
シリーズ2回目の今回は、八重山平和祈念館の「高校生平和ガイド」にかかわる3人を取り上げる。また内間忍さんのインタビューを併載して、高校の平和教育の一端を紹介する。

>>>購入はこちら

        

20157
2015年7月号 NO.258 2015年7月号 NO.258
[特集] 画家・新城剛の世界
今から25年前の1991年7月2日、画家・新城剛は海難事故で急逝した。44歳だった。
「とてもとても暑い日でした」と知子夫人は言う。
スペイン美術賞展優秀賞、オーストラリア美術賞展入選、沖展賞受賞などを受賞し、42歳の時には沖展審査員となって、今後のさらなる展開を期待された画家だった。
「赤と黒」の画家と呼ばれた。
25回目の命日の7月2日から5日まで、石垣市民会館で「新城剛絵画展」が開かれる。彼が追究した世界はあなたに何を見せてくれるだろうか。

>>>購入はこちら

        

20156
2015年6月号 NO.257 2015年6月号 NO.257
[特集] 八重山の牛ガール
石垣牛の人気も高く、畜産の盛んな八重山。
男性の仕事というイメージが強いけれど、女性牛飼いもたくさんいる。
その中でわずか数人、20代、30代の若い女性もたくましく活躍している。
牛の仕事がしたくて移住してきたり、自ら決意をして家業を継いだり、牛への愛があふれる人たち。

>>>購入はこちら

        

20155
2015年5月号 NO.256 2015年5月号 NO.256
[特集] 戦後70年シリーズ特集「戦争体験」を継ぐ 第1回 石に刻まれた波照間の悲劇
「戦後70年シリーズ特集『戦争体験』を継ぐ 第1回 石に刻まれた波照間の悲劇」です。
今後、戦争体験をいかに継いでいくか。
第1回目は、強制疎開いよる波照間の戦争マラリアの悲劇と、忘勿石(わすれないし)にまつわる話題を紹介。

>>>購入はこちら

        

20154
2015年4月号 NO.255 2015年4月号 NO.255
[特集] 島のパーラー。
もちろんおしゃれなカフェも好きだけど、ふらっと立ち寄れるのがパーラーのいいところ。
でも今日は、ついでじゃなくてパーラー目当てに出かけてみよう。
こだわりぬいた食材を使った、そこでしか味わえないものばかり。
わざわざ行きたくなる、島のパーラー特集。

>>>購入はこちら

        

20153
2015年3月号 NO.254 2015年3月号 NO.254
[特集] 与那国島 キビ刈り援農隊
キビ刈り、製糖の頼もしい助っ人、援農隊。
与那国に援農隊がくるようになって、今年で40年となった。
そして、今の製糖工場は今年で最後の稼動となり、 建て替えられ、来年からは新工場となる。
そんな節目に、与那国の援農隊、そして製糖を取材してきました!

>>>購入はこちら

        

20151
2015年1/2月合併号 NO.253 2015年1/2月合併号 NO.253
[特集] 12年ぶり 平得 結願祭
前回開催された2002年から、12年ぶりとなった平得地区の結願祭。
五穀豊穣や無病息災を祈願する儀礼で、この1年の満願に感謝し、締めくくりとする。
4ヶ所の御嶽での奉納芸能、特設会場での祝宴と朝から晩まで、地域を挙げて盛大に行われました!

>>>購入はこちら

        

▲ページの先頭へ