『情報やいま』バックナンバー1999


199912
1999年12月号 NO.87 ■B5判52ページ ■定価300円 在庫切れ
[特集]
波照間島の燐鉱採掘~景気を浮揚させ住民生活を潤す~
●燐鉱の島●島尻郡泥岩と石灰岩●海鳥の糞尿が堆積●燐鉱石の発見●試堀から採堀へ●採堀が本格化●企業経営の採鉱●島の2ヶ所で採鉱●人海作戦の採掘●採鉱の労働事情●燐鉱景気に沸く島●採鉱にピリオド

        
        
        

199911
1999年11月号 NO.86 ■B5判52ページ ■定価300円
[特集]
赤土をつかむ手~環境保全で八重山の再構築を~
●つかむ土●長雨で2つの動き●懇談会の若い参加者●止まらない赤土流出●行政に求めるもの●作物が根付けば●頼もしい土地改良●防風林を求めて●土砂流出も止める●なぜできなかったのか●一次産業と観光●小集団でつかむ

>>>購入はこちら

        

199910
1999年10月号 NO.85 ■B5判56ページ ■定価300円
[特集]
琉球文化会館とその時代
●米国直輸入のカルチャーセンター●情熱に燃えていた職員●もう一つの側面●心理作戦部隊が編集していた「守礼の光」●知識層対象の「今日の琉球」●八重高文芸誌「学途十三号」の出版不許可●いまなおつづく「アメとムチ」

>>>購入はこちら

        
        

199909
1999年9月号 NO.84 ■B5判72ページ ■定価300円 在庫切れ
[特集]
やしの実大学公開講座in与那国
~太平洋の古代文明と与那国の謎の海底遺跡~
●海底遺跡ってどんなもの?●第3回やしの実大学公開講座in与那国開講式●「与那国の海底遺跡」木村政昭●「与那国の巨石文化と秘められた古代文明」新嵩喜八郎●「ポリネシアの珊瑚礁レアオと絶海の小火山島イースターの歴史と文化」●質問コーナー●与那国島バスツアー●交流会風景●インタビュー アンケート●閉講あいさつ

        

199908
1999年8月号 NO.83 ■B5判68ページ ■定価300円
[特集]
渡辺賢一 迷蝶銀座八重山
●八重山における迷蝶●迷蝶と土着蝶●迷蝶のなかの迷蝶 アカネアゲハ●迷蝶から土着蝶へ クロボシセセリ●生きた化石 アサヒナキマダラセセリ●ツマムラサキマダラの謎●おわりに

>>>購入はこちら

        
        

199907
1999年7月号 NO.82 ■B5判52ページ ■定価300円
[八重山人の肖像]
具志堅用高
[インタビュー]唄者 大島保克 方言にはメロディーがある

>>>購入はこちら

        
        
        
        

199906
1999年6月号 NO.81 ■B5判56ページ ■定価300円
[特集]
石堂徳一 八重山の戦争と皇民化教育
●戦火の前ぶれ-教員の弾圧●教育勅語と御真影●標準語励行運動●建民運動●国民学校の発足と教科書●校舎の兵舎●星になった子どもたち-マラリア病死●平和教育の実践を

>>>購入はこちら

        
        

199905
1999年5月号 NO.80 ■B5判60ページ ■定価300円
[特集]
前津栄信 八重山の身近な植物たち
●八重山の位置や気候●植物の名前●生物の仲間●植物の仲間●環境による植物のちがい●森林の植物の様子●樹木の測定●植物界の不思議な現象 ギップ現象/つる性植物の日光横取り作戦現象/絞め殺し現象/子孫を残す仕組み●八重山の植物 八重山の山地の植物について●八重山における海岸林の植物●八重山における特殊な植物と危惧種●八重山の特殊な植物

>>>購入はこちら

        
        

199904
1999年4月号 NO.79 ■B5判60ページ ■定価300円
[特集]
大浜永亘 先史時代~近世八重山を解くためのキーワード
●赤色土器●ミッシング・リング●開元通寶●貿易陶磁器●外耳土器●オヤケアカハチ・ホンカワラの乱●八重山キリシタン事件

>>>購入はこちら

        
        
        

199903
1999年3月号 NO.78 ■B5判82ページ ■定価300円
[特集]
熊谷溢夫の世界自然にまぎれて生きている
●海へ行く●そして時々、花や虫を描く●お陽さまを食べたお魚の話し●年をとった恐竜のはなし●熊谷溢夫コレクション

>>>購入はこちら

▲ページの先頭へ