『月刊やいま』バックナンバー2016

2016年12月号

やいま12月表紙

特集 「島を描く」

生命力みなぎる島の自然を。
のどかな景色や伝統を。
島の若手がさまざまな手法で描いた、
ユニークな島の風景。

島の昼ごはん
石垣島地方気象台の昼ごはん
 
 
 
 

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年11月号

yaima201611

特集 「島の子どもの指導法」

毎日、島で暮らし汗を流しながら、ときには全国の相手と試合で戦うこどもたち。
島ならではのとびっきりの練習法なんてあるわけなく、強くなるために必死で練習に明け暮れる。
指導者たちが教えることは、島をハンディキャップと思わない考え方。 世界に届く、島のこどもの指導法。
島の昼ごはん
石垣市青年団協議会文化発表会リハーサルの昼ごはん
インタビュー
平成28度とぅばらーまチャンピオン 今村尚貴
誌上写真展
石垣市青年団協議会 第30回記念青年文化発表会
竹富町青年団協議会 芸能発表会

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年10月号

やいま10月号表紙

特集 「白保の誇りを受け継ぐ 獅子保存会」

約300年前からあるといわれる白保の獅子舞。
毎年旧盆に祖先供養として獅子舞を行っているのは、白保獅子保存会。
中学生から熟練の大人まで約50人が、白保が誇る獅子を継承する。

島の昼ごはん
八島小学校、あまかわ幼稚園 運動会の昼ごはん
 
誌上写真展
二中二期会
 

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年9月号

9月表紙


特集 「草舟 八重山の海を行く」

学者と探検家・八重山の漕ぎ手による混成チームが与那国—西表をわたる実験航海に挑戦した。
距離は90キロ。舟は草舟。
彼らはなぜ八重山を選び古代の舟をどうやって再現したのか。
航海は結局どうなったのか。舟と人々の足どりを追った。

インタビュー
歌集「緋寒桜」を発行 上原 嘉善
 

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年8月号

yaima201608

特集 竹富島の手作り卒業アルバム

今から約40年ほど前の竹富小中学校では一時期、撮影から、現像、プリント、レイアウト、写真の貼り付けまですべて手づくりの卒業アルバムが作られていました。
そのアルバムを作ったのは上勢頭芳徳さん。
人を愛し、自然を愛し、島を愛した芳徳さんの愛情あふれる写真群とメッセージを大公開。

島の昼ごはん
大浜 豊年祭準備の昼ごはん
 
あの人の話
石垣島こども食堂を経営
川満牧子さん

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年7月号

2016_7表紙

特集 \ハーリー!/
第110回石垣市爬龍船競漕大会

旧暦5月4日、“ユッカヌヒー”に毎年行われるハーリー。
海神祭ともいわれ、航海安全、豊漁が祈願される海人のお祭りだ。
明治時代から続く石垣市爬龍船競漕大会。
6月8日、会場の石垣漁港には今年も多くの人が集まり、熱い戦いが繰り広げられた。
島の昼ごはん
スイカ農家 當銘さんのお昼ごはん
 

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年6月号

201606H1

特集 エギングダービー
今年で第3回目を迎えた島つりぐ杯エギングダービー。
通常イカ釣りシーズンは11月から1月の冬の時期と言われているが、実は産卵後の大きいイカが狙えるのは春。
「デカイカダービー」とも称された今大会に出場した47人の参加者の中から、今回は6人の釣行記を紹介。
またエギング初心者入門や、島つりぐ店長の裏話も大公開!

島の昼ごはん
マルゲン水産の昼ごはん
インタビュー
写真家 大塚勝久
 

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年5月号

やいま2016.5表紙

特集 八重山の鳥
4月に入り、今年もアカショウビンの美しい鳴き声が聞こえてきた。日本を行き来する渡り鳥の多くは、八重山諸島を渡りのコースにし、ここでしか見られない固有性の高い種や亜種も多く生息している。八重山の鳥の世界へようこそ。

島の昼ごはん
やいま石垣さんばしマーケット
インタビュー
琉球筝曲興陽会 教師 玉元千恵美
 

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年4月号

201604H1
特集
石垣島で、コーヒーを栽培するということ

 沖縄や石垣島でコーヒーが栽培できるということはすでに知られているが、その勢いはなかなか広がりをみせない。いま石垣島でコーヒーを栽培するということについてあらためて考えてみる。

島の昼ごはん
西表島 池村さんちの昼ごはん
インタビュー
川平成雄さん
沖縄社会経済史研究室 博士(歴史学)
誌上写真展
三高校卒業式

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年3月号

201603H1
特集「島のふたご」

方言で“ターチュー”。
そっくりな一卵性のふたり。二卵性で似てないふたり。
子どもからおじーまで、島のふたごを紹介します。

新連載 「未来巡礼」八重洋一郎

島の昼ごはん
お魚まつりの昼ごはん

インタビュー
谷口正和さん
(石垣市観光アドバイザー マーケティング・コンサルタント)

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ

2016年1/2月合併号


yaima201601特集「街の弁当カタログ」

今日のお昼は何にしよう?
そう思いながらも、いつもの弁当屋へ。
いつも行く街の弁当屋はあまりにも身近にある。

毎日食べる弁当が、必ずしも贅沢である必要はない。
昼食時間が待ち遠しいのは、きっとおいしい弁当があるから。
真心込められた弁当に勝るものはないのだ。

いつも食べている弁当を再発見!「街の弁当カタログ」。

島の昼ごはん
小浜島 シーサイドの昼ごはん
インタビュー
凧愛好家 仲間清隆さん

>>>詳細と購入はこちら

 

▲ページの先頭へ