やいま文庫

八重山の社会と文化 -やいま文庫16-

16yaeyamasyakai
「八重山の今」を考えるヒントがこの一冊に凝縮

近世以降、強制移住や開拓移民の入植などで、「合衆国」とも呼ばれる独自の社会を形成してきた八重山。その移民の歴史を検証。

著者:NPO現代の理論・社会フォーラム 古川 純 編
仕様:B6判 ソフトカバー 292ページ
定価:1,800円(税別)
ISBN:978-4-901427-36-4

>>>詳細と購入はこちら

よみがえるドゥナン -やいま文庫15-

15dunan
写真が語る与那国の歴史

歴史を語る貴重な写真と秘められたドラマの数々。明治・大正・昭和戦前期・戦後と、時系列で読み解く国境の島の物語。

著者:米城 惠
仕様:B6判 ソフトカバー 292ページ
定価:1,900円(税別)
ISBN:4978-4-901427-35-7

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

与那国台湾往来記 「国境」に暮す人々 -やいま文庫14- 第1回南山舎やいま文化大賞受賞作

14yonagunitaiwan

与那国島と台湾はこんなに近い関係だった 

111キロの海に織りなされた「往来」の航跡。その行き交いの姿が、体験者たちの証言で浮かび上がる。

著者:松田 良孝
仕様:B6判 ソフトカバー 370ページ
定価:2,300円(税別)
ISBN:4-901427-30-2

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

マラリア撲滅への挑戦者たち -やいま文庫13- 第4回ゼロマラリア賞

13mararia

八重山のマラリア撲滅に挑戦した人々の軌跡を描いたノンフィクション・ノベル
マラリア根絶にその一生を捧げた防疫監吏・黒島直規氏の足跡を中心に、世界的な偉業の全容と時代を活写。

著者:南風原 英育
仕様:B6判 ソフトカバー 194ページ
定価:1,800円(税別)
ISBN:978-4-901427-26-5

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

島の自然を守る -やいま文庫12-

12simanosizen

八重山の環境保全活動の歴史と島の原風景を語る

八重山の自然無くして、八重山の文化はなかった。未来の子どもたちへ自然を残したいという著者の強い願いが詰まった一冊。

著者著者:島村 修
仕様:B6判 ソフトカバー 312ページ
定価:1,900円(税別)
ISBN:978-4-901427-23-4

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

八重山風土記 -やいま文庫11-

11yaeyamafudoki

八重山毎日新聞コラム「不連続線」2002~2009年を一冊に

八重山の自然風土・伝説・歌謡・歴史などの文化の魅力を伝える珠玉のコラム集。「ミルク世」を願い、八重山の課題を読者とともに考える。

著者著者:砂川 哲雄
仕様:B6判 ソフトカバー 246ページ
定価:1,800円(税別)
ISBN:4-901427-22-7

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

台湾疎開「琉球難民」の1年11カ月 -やいま文庫-10-

10taiwansokai

体験談と資料で台湾疎開を解き明かす

台湾で難民化した沖縄の疎開者たちは、いかにして生還してきたのか。第14回新聞労連ジャーナリスト大賞受賞作を単行本化。

著者著者:松田 良孝
仕様:B6判 ソフトカバー 350ページ
定価:2,300円(税別)
ISBN:4-901427-20-3

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

「八重山合衆国」の系譜 -やいま文庫9-

09yaeyamakeifu

移民の歴史からたどる「八重山合衆国」形成史

近世以降、強制移住や開拓移民の入植などで、「合衆国」とも呼ばれる独自の社会を形成してきた八重山。その移民の歴史を検証。

著者著者:三木 健
仕様:B6判 ソフトカバー 322ページ
定価:1,900円(税別)
ISBN:4-901427-19-7

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

八重山の台湾人 -やいま文庫8-  沖縄タイムス出版文化賞正賞受賞

08yaeyamataiwan

台湾-八重山に生まれ生きた人々の生活史を通して見える八重山近現代史の新たな側面

日本の台湾植民地支配とその崩壊、1972年沖縄の本土復帰=台日の国交断絶といった時代と国家に翻弄された人びとの生活史。

著者著者:松田 良孝
仕様:B6判 ソフトカバー 229ページ
定価:1,800円(税別)
ISBN:4-901427-13-X

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

宮良長包の世界 -やいま文庫7-

07miyarachoho

宮良長包とその歌曲を支えた詩人達

宮良長包の生涯に加え、長包歌曲を支えた詩人たちの作詞の世界から長包歌曲へアプローチ。「宮良長包年譜」「宮良長包作品一覧」付。

著者著者:三木 健
仕様:B6判 ソフトカバー 302ページ
定価:2,300円(税別)
ISBN:4-901427-12-1

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

八重山歴史読本 -やいま文庫6-

06yaeyamarekisi

八重山の歴史に興味を持つ方に最適な入門書

先史時代、英雄時代、近世、近現代、戦争、戦後に時代を区分し、四十三編のテーマで八重山の歴史を読み解く。

著者著者:中田 龍介
仕様:B6判 ソフトカバー 312ページ
定価:1,900円(税別)
ISBN:4-901427-11-3

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

八重山研究の歴史 -やいま文庫5-

05yaeyamakenkyu

八重山地域の研究史や文化状況についてまとめた一冊

近代以降の内外の八重山研究や調査を概観。各島々でのフィールドワークの成果「記録と保存」、「八重山の戦争への視座」なども収録。

著者著者:三木 健
仕様:B6判 ソフトカバー 278ページ
定価:1,880円(税別)
ISBN:4-901427-08-3

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

潮を開く舟サバニ -やいま文庫4-

04sabani

サバニが、海人(漁師)の叡知と結晶であることを物語る一冊

サバニ(沖縄の海洋文化を代表する伝統的な木の舟)造りの全行程を写真と文章でていねいに紹介。

著者著者:安本 千夏
仕様:B6判 ソフトカバー 185ページ
定価:1,650円(税別)
ISBN:4-901427-07-5

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

八重山の自然歳時記 -やいま文庫3-

03saijiki

八重山の四季にふれる本

約40年間気象台に努めた著者が、月ごと、季節ごとの気象全般や事象を豊富なデータと写真をまじえながら歳時記としてまとめた一冊。

著者著者:大仲 浩夫
仕様:B6判 ソフトカバー 130ページ
定価:1,650円(税別)
ISBN:4-901427-06-7

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

詩集 遠い朝 -やいま文庫2-

02tooiasa

遠い朝を信じて歩むすべての魂に

自己救済を目的に重層的、普遍的に表現しようとして書き綴った、20代からの作品32編。

著者著者:砂川 哲雄
仕様:B6判 ソフトカバー 182ページ
定価:1,429円(税別)
ISBN:xxxxx

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ

紀和へ。母の花だより -やいま文庫1-

01kiwa

一目会いたくて、あの声がもう一度聞きたくて、毎日泣きました。

花が好きだった母娘。交通事故で娘を失った母は、花の絵の描かれた便箋に想いを綴り、亡き娘に手紙を出し続けた。

著者著者:嵩西 洋子
仕様:B6判 ソフトカバー 176ページ
定価:1,429円(税別)
ISBN:4901427024

>>>詳細と購入はこちら

▲ページの先頭へ