絵本・まんが

屏風山のハブ


habu

八重山の財産である方言を民話を通じ楽しく子どもに伝える

八重山の方言と共通語が併記され、左ページが切り絵になっており、折り曲げると紙芝居として読み聞かせることができる。

切絵:熊谷 溢夫
方言:八重山の方言を学ぶ会 原話:竹原孫恭
仕様:A4判横 52頁
定価:1,000円(税別)
発行:2002年10月

>>>詳細と購入はこちら

 

くびらーのみちゅー

mityu
石垣島の月刊誌『情報やいま』に連載されていたマンガ「くびら~のみちゅう~」が本になって帰ってきた!

石垣島北部の「とあるところ」にあるシロハラクイナたちの村で、主人公みちゅうーと仲間たちが繰り広げる悲喜こもごもの日常ドラマ。

作:大城 テン次
画:大城 ボブ次
仕様:A5判 298頁
定価:1,143円(税別)
発行:2008年2月
>>>詳細と購入はこちら